SUITS/スーツ3話ネタバレ感想考察!4話あらすじ動画も

『幸村・上杉法律事務所』に勤務する甲斐正午(織田裕二)は、勝つためなら法律すれすれの際どいことも行う敏腕弁護士。

そんな甲斐は、シニア弁護士への昇格の条件として、鈴木大輔(中島裕翔)をアソシエイトとして雇います。

大輔は実は弁護士資格もなく、鈴木大貴の名でフリーターとしてその日暮らしをしていました。

名前を改名し、甲斐のアソシエイトとして翻弄する大輔ですが、甲斐には仕事をさせてもらえず、ないがしろにされます。

仕事が欲しい大輔は、蟹江弁護士(小手伸也)と共にジムを訪れます。

『SUITS/スーツ』3話あらすじ

甲斐(織田裕二)は、一緒にクライアントの元へ行きたがる大輔(中島裕翔)に、必要ないと言い放ちます。

甲斐に同行することはおろか、会議への参加も認めてもらえない大輔は、パラリーガルの真琴(新木優子)に、仕事が欲しいと愚痴をこぼします。

それを聞きつけた 蟹江(小手伸也)は、大輔を外に連れ出します。

甲斐は、社長の加宮忠が急死した老舗時計メーカー『KAMIYA』を訪れていました

KAMIYAでは、娘の静佳(東風万智子)と取締役の安樂孝志(久松信美)が葬儀を巡ってもめていました。

臨終に立ち会ったという古株の工場長・岡林達樹(きたろう)の不機嫌な対応も気になります。

同じころ、大輔は、総合格闘技の道場で蟹江のスパーリング相手を務めていました。

そこに、世界的なゲームメーカー『BPM』のCEO兼チーフクリエーター・藤ヶ谷樹(柳俊太郎)がやってきます。

蟹江の狙いは、ハーバード大学で藤ヶ谷と同期だった大輔を利用して自分を売り込むことだったのです。

困惑する大輔でしたが、ハーバード入学直後にゲームが売れ始めた藤ヶ谷が授業どころではなかったことを知り、ほっと胸をなでおろします。

BPM社のゲームで世界ランキング入りしたこともある大輔は、それがきっかけで彼と意気投合します

甲斐は、社長が亡くなる前から安樂たちが国内工場を閉めて東南アジアに生産拠点を移そうと暗躍していたことを知ります。

甲斐は、取締役会で安樂が新社長に任命される前に、他の社長候補者を見つけようと動き出します。SUITS/スーツ 3話あらすじ

『SUITS/スーツ』3話ネタバレ紹介

大輔はゲーム会社の顧問弁護士になることができるのか

蟹江と共に訪れた、総合格闘技の道場で世界的なゲームメーカー『BPM』のCEO兼チーフクリエーター・藤ヶ谷樹と意気投合した大輔

『BPM』の顧問弁護士契約を行いたい大輔はゲームで名前を上げ、樹に気に入られようとします。

ゲームでの実績もあり大輔のことを気に入った樹は、大輔をゲーム大会の会場に呼び出し、紹介すると共に飲酒を勧めます。

一方の甲斐は、『KAMIYA』に新しい社長を迎えるために走り回ります。

しかし、社長を引き受けてくれる人が現れず苛立ちます。

事務所に戻ってきた甲斐の元へ帰社した大輔は飲酒が原因で一括されます

難航する『KAMIYA』の社長探し

『KAMIYA』の新社長探しに翻弄する甲斐ですが、大輔の記憶力には一目置き『KAMIYA』の仕事を手伝わせます。

取締役会議にて古株の工場長・岡林を社長に就任させるために会議資料を暗記させる甲斐ですが、岡林は技術者であることを理由に社長就任を断わります。

しかし甲斐の口添えにより大輔から助言を受けた岡林は自分の言葉でスピーチ内容を考えやる気を起こします。

『KAMIYA』の社長は安樂に決定してしまうのか

重要な会議の出席を認められていない大輔はオフィスの掃除を行うことに…。

そこへ、甲斐の秘書伽耶子からのアドバイスにより、急きょ取締役会議に駆け付けます。

KAMIYAの取締役会議へ出席するため訪れた甲斐たちの元へ蟹江は『会議は終了し、安楽が社長に就任したこと』という報告をします。

実は会議の1時間前に緊急取締役会議を行い、安楽が社長に就任したというのです。

安楽の社長就任を回避させるために画策した甲斐は弁護士を解雇され、共に画策を陰謀したとみなされた岡林も解雇されてしまいます

オフィスに戻り落ち込む甲斐の元へ、『BPM』のCEO兼チーフクリエーター樹が弁護士居契約を結ぶために訪れます。

チカから見直された大輔。そして大輔は、樹に「本当に蟹江が顧問弁護士で良いのか」と質問を投げかけます。

その様子を見た甲斐は何かを思いつきます。

KAMIYAの社長は誰に決まるのか

早速KAMIYAの本社に乗り込んだ甲斐は、買収の話を持ち掛けます。

KAMIYAの筆頭株主である娘の静佳は『BPM』への買収に賛成しているとのこと。

取締役は一斉に慌てふためきますが、『BPM』社長の意向により、KAMIYAの社長には岡林を推薦します

そしてKAMIYAの社長問題は落ち着き、大輔も弁護士として成長をしていきます。

『SUITS/スーツ』3話 感想紹介

甲斐は老舗の時計メーカー『KAMIYA』を守れるのか

甲斐は社長の九死により経営路線が変わりつつあるKAMIYAの時期社長問題に頭を抱えていました。

次期社長候補の安楽は日本の工場を閉鎖し、東南アジアに工場を作り海外の安い人件費で時計を作る方針を決めます。

前社長の経営方針でもあった日本独自の緻密で精巧なKAMIYAブランドからかけ離れてしあうことを懸念した甲斐は、安樂に変わる新しく社長を探しますが、うまくいきません

大きい会社の社長に打診をされた場合、誰でもすぐに食いつくものなのだと思っていた私は驚きました。

やはり老舗ともなると経営するにも何かと大変なのでしょうね。

大輔は『BPM』と顧問契約を結ぶことができるのか

一方の大輔も蟹江の作戦とはいえ『BPM』のCEO兼チーフクリエーター・藤ヶ谷樹と遭遇しゲームの話から意気投合します。

ハーバード大学時代の同期である2人ですが、経歴詐称をしている大輔は焦ります。

しかし樹もその頃、立ち上げたゲーム会社が軌道に乗りはじめが大学どころではなかったことに安堵し、さらに関係を近づけていきます。

経歴や学歴を詐称している大輔は毎回、色々な問題にぶつかりますが、クリアしていきます。

今後も上手くいくのか…気になるポイントです。

『SUITS/スーツ』3話 Twitterから感想を紹介

ドラマならではのくさいセリフも素敵な俳優の方々が発するとカッコイイですよね。

『おつりはいらない』と格好のいいセリフを言いながら、我に返って領収証をもらうシーンは、とぼけててかわいいですね。

『SUITS/スーツ』4話展開予想

『SUITS/スーツ』4話あらすじ

甲斐(織田裕二)は、東大法学部教授の退職を祝う会に出席し、大手ファームに所属する後輩弁護士・畠中美智瑠(山本未來)と再会します。

甲斐の目的は、訴訟を起こされた製薬ベンチャー『ナノファーマ』に関する情報を得ることでした。

何故なら甲斐は、チカ(鈴木保奈美)と『ナノファーマ』代表の辛島悠紀夫(小市慢太郎)がデートしているところを偶然目撃していたのです。

同じころ、大輔(中島裕翔)は、蟹江(小手伸也)が主催したクイズ大会で同じアソシエイトの館山健斗(岩井拳士朗)との決勝戦に臨んでいました。

しかし大輔は、ハーバード大トリビアのクイズに答えられずに敗れてしまいます。

あくる日、甲斐は、チカから『ナノファーマ』を助けるよう命じられます。

実は辛島は、チカの元夫だったのです。

大輔は、2位の賞品として蟹江からボランティア案件を任せられます。

それは、支払い催告を無視して家賃を滞納し、オーナーから訴えられた春日友加里(生越千晴)の弁護でした。

友加里は、マンションの管理状態が悪いせいで飼っていたウサギがストレス死したために仕事も辞めることになった、と主張し、法廷で闘うといいます。

辛島は、立花理乃(中原果南)と共同で、ある難病の特効薬『レミゼノール』を開発しました。

しかし、薬の副作用で肝機能障害を起こしたという患者8名から訴えられていました。

甲斐は、被害者の会の弁護士・福原太一(渡辺憲吉)に、見舞金を支払うことで和解したいと提案します。

チカの元夫の登場・甲斐の知り合い弁護士の登場と、次回は今までの訴訟とは異なる問題になりそうです。

まとめ

・甲斐は老舗時計メーカーKAMIYAの新しい社長探しに翻弄されます。

・大輔は新進気鋭のゲームメーカー『BPM』のCEO兼チーフクリエーター・藤ヶ谷樹とゲームを通じて親しくなり顧問弁護士になるために努めます。

・KAMIYAはひと騒動ありつつも甲斐の機転により、亡くなった社長の意思を引き継ぐ経営になります。

・『BPM』は『幸村・上杉法律事務所』と顧問契約を結び、担当弁護士を甲斐が、アシスタント弁護士を大輔が行うことになり解決します。

今回は大輔が正攻法とは言えませんが自分の力で顧問契約を結び、チカからも見直されました。

大輔は次回以降も経歴詐称を疑われることなく甲斐の右腕として活躍することができるのでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください