結婚相手は抽選で3話ネタバレ感想!4話あらすじ動画も

前回までに2回のお見合いを行った宮坂龍彦(野村周平)

1回目のお見合いでは会話もままならないまま『性格の不一致』ということで相手から断られてしまいました。

しかし、2回目のお見合いでは結婚しないことに固い意志を持った不動怜子(富山えり子)の言葉を聞き、お見合い結婚法について疑問を持ち始めます。

冬村奈々(高梨臨)は祖母から気に入らない相手には病気と嘘を言い、お見合いを断わさせるよう差し向けろと助言をされます。

鈴掛好美(佐津川愛美)はお見合い相手の性格の不一致を感じはじめ、銀林嵐望(大谷亮平)は前向きになれずにいました。

どのように抽選お見合いは発展していくのでしょうか。

『結婚相手は抽選で』3話あらすじ

 2度のお見合いを経験した龍彦(野村周平)は、『抽選見合い結婚法に思うこと』というタイトルでブログに日記を打ち込んでいました。

人を傷つける法律なんて、本当にあっていいのだろうか…?」と次第に疑問を抱く龍彦の元に、“人を傷つける法律なんて、あっていいわけないよね!”と一件のメッセージが届きます。

そのメッセージの主は、フリージャーナリストのひかり(大西礼芳)でした。

さらに職場の先輩が、抽選見合いを避けるために電撃結婚したものの後悔しているという話を聞いて、「抽選見合い結婚法」の被害者が山ほどいるのではという思いに至るのでした。

ひかりは、「テロ対策活動後方支援隊」(テロ撲滅隊)に関する情報をネット配信しようとするが、あっという間に削除されてしまいます。

官邸の指示により公安が徹底して情報漏えいを防ぐさまに嘆く小野寺(若村麻由美)

しかも入隊者の急増により予算オーバーの心配までしなければならず、悩みは尽きません。

その頃奈々(高梨臨)は、2回目のお見合い相手に気に入られてしまい、食事をすることになります。

元彼の嵐望(大谷亮平)とよく会っていた店で、一番高いシャンパンや料理を頼み、高くつく女を演じて見合いを断られるように仕向ける作戦に出ましたが、あまり効果はない様子です。

さらに偶然、嵐望が店を訪れてます。

好美(佐津川愛美)も2回目のお見合いで出逢った男性と食事に行きますが、相手との微妙な価値観の違いに戸惑っていました

そして龍彦は3度目のお見合い相手、花村早苗(平岩紙)と会っていました。

今度も年上で予備校の事務員をしているごく普通の女性です。

結婚に必然性を感じないという龍彦に対し、「じゃ、どうなったら必然性を感じるんですかね?」と問う早苗でしたが、龍彦の「子どもが欲しいと思ったらでしょうか?」という答えを聞いた早苗は龍彦を飲みに誘います。

ついにチャンス到来か?と意気込む龍彦でしたが、早苗から衝撃の告白をされます。

政府に対する憤りが高まった龍彦は、『抽選見合い結婚法の被害者たち』というブログを書き始めます。

すると、“私も被害者のひとりです”と一通のコメントが届きました。

それを読んだ龍彦の中で、封じ込めた魂がまた蘇ってきたのです。結婚相手は抽選で3話

『結婚相手は抽選で』3話ネタバレ紹介

3回目のお見合いは上手くいくのか

立て続けにお見合いでフラれ落ち込む龍彦でしたが、2回目のお見合いで知り合った怜子の言葉が引っかかりつつも3回目のお見合いに挑みます。

龍彦の3回目のお見合い相手は今回も年上の予備校で事務員として働いている、ごく普通の女性である花村早苗(平岩紙)です。

早苗は今まで男性と付き合ったことがなく、結婚に踏み切れない龍彦に『どうなったら必然性を感じるのか』と質問をします。

龍彦は『子供が欲しいと思った時』という回答をします。

その話を聞き、早苗は龍彦を飲みに誘います。龍彦は自分に関心を持ってくれたと思いこみ、喜びます。

偶然の出会い

そのころ奈々は2回目のお見合い相手と高級レストランに行き、高いワインを頼んだり頼んだ食事に口を付けないなど相手が不快に取るような行動に出ますが、お見合い相手はそれさえも気に入った様子で、奈々はうんざりしてしまいます。

そんな時、偶然後輩と食事に訪れた嵐望に遭遇し、お見合い相手に嵐望が彼氏だと紹介します。

しかし嵐望は奈々にフラれたので元彼氏です、と答え奈々は苛立ちます。

早苗の告白

居酒屋で早苗と持ち上がり、舞い上がる龍彦でしたが早苗から自分は子宮頸がんで子宮を摘出したため子どもが産めない身体だという告白を受けます。

犯罪歴しか調べず、結婚をしたくない人の意見も聞かず、病気によって子供が産めないことなども確認せず、出生率向上のために制定された抽選お見合い結婚法の不満をぶちまけます。

早苗の言葉を聞き龍彦は疑問を感じていた抽選お見合い法に再び怒りを感じ、ブログを開始します。

結婚お見合い法案に改定が

結婚お見合い法案により、純粋に婚姻率が上がることを考えていた政府ですが、抽選お見合いを2回断わり、「テロ対策活動後方支援隊」(テロ撲滅隊)の入隊が急増することにより、予算がオーバーしている点に頭を悩ませ、『自力でお見合い相手を見つけた場合「テロ対策活動後方支援隊」(テロ撲滅隊)への入隊を免除する』と発言します。

急な改定に国民はとまどい怒りさえ覚え始めます。

龍彦のブログに返信してきた人物は

龍彦は『抽選見合い結婚法の被害者たち』というブログを立ち上げ、結婚お見合い法について意見します。

そんな時、ブログに返信があります。内容を読んでみると返事をくれた相手の方は、在日韓国人の女性でした。ブログには在日韓国人というだけで選挙権もなく、抽選お見合い相手にも選ばれず、日本人として生活していても日本人として扱ってもらえないことに対しての憤りが綴られていました。

龍彦はブログを読み、益々抽選お見合い結婚法について怒りを覚えます。

龍彦はどのように抽選お見合い結婚法に向き合うのでしょうか。

このままお見合いを進めていくのでしょうか。

『結婚相手は抽選で』3話 Twitterから感想を紹介

確かに、昨今はお見合い結婚という言葉をほとんど聞かなくなり、恋愛結婚が婚姻のメインとなっていますが、恋愛をするって簡単なものではありませんよね。

一生一緒に生活する相手を恋愛で見つけることは難しいですね。

人間の義務とは何なのか。

結婚をしなければ人間の価値は下がってしまうのか。

難しい問題ですよね。

『結婚相手は抽選で』4話予想展開

『結婚相手は抽選で』4話あらすじ

龍彦(野村周平)は、ここまでの自身の経験、会社の先輩の話や投稿を受け、立ち上げたブログ「抽選見合い結婚法の被害者たち」に積極的に書き込みを始めます。

そんな中4度目のお見合いに臨んだ龍彦は、相手の女性に会って1時間で潔癖症を理由に断られしまいます。

「カスくじ!」…これまで何度かお見合いで断られてきたとはいえ、やっぱり気持ちが沈み、いつにも増して激しく手を丁寧に洗う龍彦でした。

一方、内閣府特命担当大臣 抽選見合い結婚法担当の小野寺(若村麻由美)から、該当者が自力で結婚相手を見つけた場合はこの法律から除外するという改定案が発表され、奈々(高梨臨)は、一か八かで嵐望(大谷亮平)に連絡し、馴染みの店で再会します。

嵐望が見合い相手に断られ続けているという意外な事実を知った奈々は、「私と……結婚してください」と意を決して告白します。

しかし、「俺が求めるのは、母性の強い人。奈々には感じられない」とやはり嵐望に断られてしまいます。

自暴自棄になり泥酔した奈々は、すっぽかすはずだった見合い相手との待ち合わせ場所へ行ってしまいます。

その夜、同じくお見合いを終えた北風(松本享恭)が龍彦の自宅にやってきます。

部屋で偶然、龍彦が書いたブログを見た北風は、「匿名でも、もっと自分のこともさらけ出してくれたら、共感してもらえるんじゃないかな」と龍彦を励まします。

勇気をもらった龍彦は、潔癖症の原因となった中学時代の出来事をブログに綴り始めました。

好美(佐津川愛美)は、お互いの理想の家族像の相違からお見合い相手と別れ、新たなお見合いに臨んでいました。

緊張している彼女の隣に座ったのは…。

そして、龍彦の5回目のお見合いの相手は、集合時間に30分以上遅れて会場にやって来ました。

いかにも無理目な感じの服装をした彼女が、けだるそうにサングラスを外すと…。

物語の主人公たちが出会う次回

各々が物語の主役ではありましたが、次回やっとつながっていきます。

潔癖症でオタクな龍彦、お嬢様でプライドは高いが祖母には逆らえない奈々。

何でも完璧にこなし、女性に人気はあるが、運命の女性と出会うことのできない嵐望。

真面目だが強い信念を持ち、自分の理想の結婚相手を探している好美。

それぞれの人物が絡み合い、お見合い結婚はどのような方向へ向かうのでしょうか。

まとめ

・1回目2回目のお見合いでフラれ続けてしまう龍彦。しかし、お見合いを続ける中で龍彦の胸にもお見合い結婚法についての違和感が生まれます。

・3回目のお見合いにて初めて手ごたえを感じる龍彦でしたが、相手の女性早苗から子宮頸がんにより子宮を摘出したため子どもを産むことができないとの告白を受けます。

・龍彦は相手の事情も考えずに抽選お見合い法案を制定した政府に怒りを感じ、ブログを始めます。

・奈々は嵐望を忘れることができず、嵐望は理想の女性を求め、好美は自分に合った男性を探すためにお見合いを続けます。

お見合いの回数が増えて行くごとに、自分自身の意思も固まり始める各々。

龍彦は疑問を感じつつお見合いを進めていくのでしょうか。それぞれの運命の相手は見つかるのでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください