グッド・ドクター10話最終回ネタバレ感想!少しでも救える命を救おう

前回のお話で森下伊代の小腸の移植手術することが決まり、そして姉の汐里がドナーを引き受けました。

さらに、委員長の司賀先生倒れてしまった。

  • 森下伊代の手術は成功するのだろうか?
  • 司賀先生の命は助かるのであろうか?
  • 小児外科は本当になくなってしまうのか?

すべては最終回で明らかとなります。

『グッド・ドクター』最終話あらすじ

東郷記念病院は小児外科の廃止へと向かっていた。だが、新堂湊(山﨑賢人)はステージ4のガンで倒れた司賀明(柄本明)を病室で付き添っている。これまでずっと支えてきてくれた司賀の病状を初めて知り、湊はショックを隠せない。その時、湊に森下伊代(松風理咲)の急変を知らせる連絡が入る。司賀に今心配すべきなのは自分ではなく子どもたちだ、と促された湊は伊代の病室へ急ぐ。

瀬戸夏美(上野樹里)ら小児外科医を集めた高山誠司(藤木直人)は伊代が肝硬変も患っていると話す。そして、放置すれば肝不全になるため、すぐにでも肝臓の移植手術が必要だと続けた。しかし、伊代は小腸の移植も予定されている。高山は肝臓と小腸の同時移植以外に伊代を助ける方法はないと告げるも、小腸と肝臓の同時移植は国内で実施された例は少なく、高山ですら行ったことがない。そこにER(救急救命室)から川で溺れた少女、吉本美咲(古川凛)が心肺停止状態で運び込まれたと連絡が入る…。

 

『グッド・ドクター』最終話ネタバレ紹介

森下伊代の容態が急変

統合記念病院に長く入院している森下伊代は前回、小腸の移植が必要となりました。

そこで、姉の汐里が移植するドナーをすると言いました。

司賀先生に付き添っていました。これまでずっと支えてきてくれた司賀先生の病状を知って、湊はショックを隠すことができません。

そのとき、伊代の容態が急変したという連絡が入ってきました。

司賀先生に今心配するのは私ではなく子供たちだと促され、湊は伊代の病室へ向かいました。

瀬戸先生や小児外科医を集めた高山先生が伊代が肝硬変を患っていることを話しました。

そして、高山先生ははそれを放置すれば肝不全になるため、すぐに肝臓の移植手術が必要だと話しました。

小腸と肝臓同時の移植手術をしないと伊代は助からないのです。

そして、この同時移植は国内での実施例も少なく、高山先生でさえ経験のない手術です。

まゆ
残酷な言葉であります。”助からない”
たけ
とても残酷な言葉です。

なんども病気と戦っているのに、それでも助からないことがあります。

医者も助けたくても助からないことがあります。

このシーンは命の大切さがわかる場面であります。

川で溺れた少女が病院に・・・

伊代の同時移植で悩んでいる中、吉本美咲という1人の少女が心肺停止状態で運ばれてきました。

楽しくBBQをしてたのに、少しの間両親が美咲ちゃんから目を話したら川に流されて、溺れているのを発見しました。

瀬戸先生が対応をして心配が再開はしたが、自発的な呼吸はしていません。

間宮先生も意識を取り戻す可能性は低いと両親に告げました。

美咲ちゃんの検査結果は脳死でした。

もうすでに運ばれた時点で少女は脳死状態でした。

心臓はもって1週間です。

瀬戸先生は残された両親に寄り添って美咲ちゃんに何ができるかを一生懸命考えてそれをノートにしました。

検査結果のことを両親に伝え、去に似たような状況になった家族が行ったことを、まとめたノートを見せました。しかし

母親:「まだ心臓動いてるんですよ。娘、殺せって言うんですか。明後日、7歳の誕生日なんです。美咲、まだ生きてるんです!」

と言い、ノートを突き返えします。

挙句の果てに瀬戸先生を担当医から外してほしいと病院に言ったのである。

ノートの中にはドナー提供をするという選択肢も入っていました。

代わりに湊が美咲ちゃんの担当医となります。

湊は最初から美咲ちゃんはまだ生きているかのように接しました。

誕生日に手書きの花を書いてあげたり、誕生日パーティーをしてあげたりと湊はできることをすべて行いました。

それが両親の心に刺さり、両親は決意をした。父親が”娘の臓器を提供する”とみんなの前で言いました。

美咲の臓器が、誰かの身体の中で生きてくれるなら、来年も再来年も誕生日を祝ってあげられると父親は言いました。

まゆ

楽しかった日常が簡単に奪われてしまいました。そのことを思うと病気や怪我というのはいつ起きるかわからなく恐ろしいものです。

たけ

グッド・ドクターはその日常を奪われてしまった人たちを救っています。

支えになっています。

同時移植の結末は・・・

移植をする肝臓が見つかり、あとは病院からの承諾が必要です

高山先生はカンファレンスの中でもう一度承諾を得られるように交渉をしました。

すると、理事長が「行ってください。」と言いました。

理事長は病院経営よりも救える命を選んだのです。

手術室では最初に美咲ちゃんの臓器摘出手術が始まった。美咲ちゃんから摘出された肝臓が伊代のもとに届き、高山先生達は伊代の身体から肝臓を摘出しました。

別の手術室では汐里の小腸摘出手術が行われています。

理事長や副院長・猪口たちが隣室で見守る中、無事に移植した伊代の肝臓に血流が再開しました。

そして、到着した汐里の小腸の移植に取り掛かるが、伊代の病状に異変が起きた。伊代はショック状態に陥ってしまい、高山先生は湊が一生懸命、処置を施しました。

その結果、手術は無事に成功しました。

美咲ちゃんの命が伊代の身体で生きているのです。

まゆ

同時移植という異例の手術を達成させた高山先生はやはり敏腕のドクターであります。

たけ

手術が成功して、新たな生命が誕生しました。

『グッド・ドクター』最終話 感想紹介

臓器提供する側とされる側の命のリレーに感動!

臓器提供する側とされる側の命のリレーが感じられてとても感動しました。

湊先生の小児外科医としての成長も垣間見れてともてよかったです。

最初の話では、相手の気持を考えれずになんでも病名など症状を患者に向かっていってましたが、

今ではそれは変わりませんが、湊先生の患者を思う気持ち、いつまでも患者に寄り添う姿勢は視聴者を感動の渦に巻き込みました。

湊先生の最終回では脳死状態の美咲ちゃんを生きているかのように接していて、涙が止まりませんでした。

泣かせるつもりしかない演出だとわかっていても泣いてしまいます。

そこには湊先生役の山崎賢人の演技が相手を魅了しているのだと思います。

『グッド・ドクター』最終話 Twitterから感想を紹介

まとめ

グッド・ドクターという日本を感動にしたドラマが終わってしまった。

グッド・ドクターにはたくさんの愛が詰まっていました。

家族から我が子に向けての愛、医師から患者に対しての愛、湊から瀬戸先生や司賀先生に対する愛、患者同士の愛、姉妹愛などたくさんの愛がありました。

その愛を一番感じ取っていたのが新堂湊です。

湊先生みたいに何でも聞いてくれて、なんでも安心にしてくれる先生が患者や家族と関わっていくことが感動に繋がっているのだと思います。

感想を見ると一番多いのが感動した、こんな先生がいたらいいなという理想でした。

このドラマは優しさと愛が含まれた最高のドラマです。

スペシャルで返ってきて湊の成長がまた見れる日を期待しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください