僕らは奇跡でできている1話ネタバレあらすじ考察!2話予告動画も

個性的な演技が癖になる、今大注目の俳優、高橋一生さんが民放GP帯連続ドラマ初主演のドラマです!

ゆるりとした雰囲気に、個性的で魅力的な登場人物がたくさん!

一輝とのやり取りも笑えたり、考えさせられたり、とにかく新感覚のドラマです!

不思議な魅力の一輝

主人公の一輝はとにかく生き物が大好きです。

その生体の不思議の魅力に取り憑かれ、

時には人の話も聞かないで突っ走ってしまいます。

そのため、約束を忘れたり、時間を守れなかったり。

ルールを大切にしたい大人たちはそんな一輝に振り回されっぱなしです。

ゆるりと見れてハッと考えさせれる新ジャンルドラマ?!

でも、一輝の言う世界は魅力でいっぱいです。

世界はこんなに面白いのかと新しい考え方を示してくれます。

答えのない、常識にとらわれない一輝の言動で

周りがどう変えられていくのか。

ゆるっと、ほっこりと

でもハッとさせられる不思議な魅力いっぱいの新感覚ドラマです。

 

『僕らは奇跡でできている』1話あらすじ

相河一輝(高橋一生)は、動物の行動を研究する“動物行動学”を教える大学講師。
陶芸家でもある祖父の相河義高(田中泯)に見守られて育ち、今は住み込みの家政婦・山田妙子(戸田恵子)と暮らしている。

半年前、かつて師事した鮫島瞬教授(小林薫)のすすめで講師になったが、大好きな生き物の研究に没頭する一方で、それ以外のことにはとことん無頓着な一輝。
人の話を聞かなかったり、空気を読むことができなかったりして、悪気なく失言してしまうことも少なくない。

さらに、職場のルールを守ることができず、事務長の熊野久志(阿南健治)には日々叱られ、同じ研究室の樫野木聡(要潤)や沼袋順平(児嶋一哉)からも変わり者扱いされていた。

そんなある日、不得意なものは先送りにするという悪い癖がたたり、歯の痛みが我慢できなくなった一輝は、鮫島の紹介で歯科クリニックを受診する。
そこで出会った水本育実(榮倉奈々)は、容姿端麗で若くして院長を務める、まさに才色兼備なエリート。年下でオシャレな歯科衛生士の丹沢あかり(トリンドル玲奈)もうらやむような人生を送っていた。

早速、来院した一輝の診療にあたる育実だったが、やがて、一方的に話したり、診察の時間を守らない一輝の態度にいら立ちを隠せなくなり、ついに「常識っていうものがないんですか?」とキツイ一言を浴びせてしまう。

一方、大学では、一輝の講義を受けている新庄龍太郎(西畑大吾)や青山琴音(矢作穂香)、尾崎桜(北香那)、須田巧(広田亮平)ら学生たちが、一輝の出した“一風変わった課題”に頭を悩ませていて……。

 

『僕らは奇跡でできている』1話ネタバレ紹介

人とはどこか違う一輝

主人公の相河一輝(高橋一生)は、幼い頃から生き物が大好きで、

尊敬する鮫島教授のすすめで、

動物行動学の大学講師を努めています。

しかし、生き物のこととなる夢中になりすぎるふしがあり、周りからは

ちょっと変わった目で見られています。

大学でも、遅刻して出勤したり、出席を取らなかったり、

大学の事務員から怒られる毎日です。

人の話聞かないし、ちょっと変わった主人公だよね。

たけ

まゆみ

主演の高橋一生さんの雰囲気にぴったり!

歯医者で、水本育実と出会う

ある日、歯の痛みが我慢できなくなった一輝は歯科クリニックに行くことになります。

そこのクリニックの院長である水本育実(榮倉奈々)は、

容姿端麗、才色兼備、雑誌にも紹介されるほど

誰もが羨むキャリアウーマンです。

恋人がいても自分へのご褒美に高価なネックレスも自分で購入したり、

食事をおごったりします。そのために恋人とも喧嘩してしまいます。

先に仕事をあがってしまう自由な歯科衛生士、

丹沢あかり(トリンドル玲奈)にも苛つきを隠せません。

そんな育実ですが、歯医者に来たときから、

聞いてもいないのに自分の動物の研究の話をしゃべったり、

どこか変わっている一輝に振り回されてしまいます。

予約の時間を忘れた一輝のせいで、

料理教室をキャンセルしなければならなくなったり、

かと思えば

予約時間の1時間前の休憩時間にやってきて、

勝手に待っていたりとイライラさせられぱなし。

育実さん、キレイでかっこいいんだけど、

なんとなくキツイ感じがするね。

たけ

まゆみ

他の患者さんに対しても厳しかったりね。

言ってることは分かる気がするんだけど・・・・

ついには

育実:「常識ってものがないんですか?!人として当たり前の簡単なことがどうしてできないんですか?」

一輝にきつい一言を浴びせてしまうのでした。

違った目線で物事を想像することを教えてくれる

一輝は大学で、無気力な学生たちに問題を出します。

一輝:「シマウマの縞はなぜキレイなストライプなのか。」

それによって、皆で話し合い、次々と独自の考えを出していく学生たち。

それをニコニコと聞いていた一輝は答えを聞かれてこう答えます。

「わかりません。」

ドラマの中で普段では気づかないような

新しい目線の見方や考えるチャンスを与えてくれます。

答えなどなくてもいい。

違った目線を想像することを教えてくれるのです。

「割れたお皿はどうやったら輝くか。」

「歯のありがたみがわかるから虫歯になってよかったな。」

一輝のおじいちゃんもまた素晴らしい視点を教えてくれていたのです。

なるほど、そんな見方もできるんだな。

たけ

まゆみ

そう考えるだけで、怒られるようなことも気が楽になるね。

一輝は歯医者で出会った子どもに出された問いについて真剣に考えます。

うさぎとかめのお話はなぜかめは、

倒れているかもしれないうさぎに話しかけなかったのか。

そして育実の前で、自分の考えを述べました。

かめはかめにしか見えない世界が楽しく、

歩くのが楽しく、うさぎが目に入らなかったのだと答えます。

かめの世界にうさぎは存在しないのだと。

そして「あなたはうさぎですね」育実にいいます。

ではなぜうさぎは走るのか?うさぎはかめを見下すために走るのだと。

固まる育実。

どこか頑なな育実がこの一輝との出会いによってどう変わっていくのか。

そして無気力だった学生たちも

一輝の授業を通して、変わって行きそうな予感がします。

『僕らは奇跡でできている』1話 感想紹介

新ジャンルの新しいドラマ

要潤さんが以前、新ジャンルのドラマです。と言っていましたが、

まさに!といった感じでした。

ラブストーリーでも泣ければ、号泣ヒューマンドラマではなさそう・・・・

冒頭からゆるっとした一輝の雰囲気で始まり、

同僚の大学教授や、家政婦の山田さんなど

出てくるキャラクターはなんだか皆個性的で愉快です。

登場人物同士のやり取りにくすっと笑いがこみ上げてきました。

自分の常識は誰かの常識ではないかもしれない。

視点を変えてみれば、世界はもっと面白い表情を見せてくれるかもしれない。

そんな風に思いました。

大好きな生き物の世界だけに集中する一輝が周りを変えていく?

高橋一生さん演じる一輝はちょっと人とは違う雰囲気があります。

自分の部屋に入ることを極端に嫌がり、

聞かれてもいないのに、自身の動物の研究を喋りまくり、

気になることがあれば約束したことさえも忘れてしまう。

そのために大学の職員や、

育実などのいわゆる常識人と呼ばれる人たちから叱られてしまうのです。

人とのコミュニケーションをとるのがちょっと難しい人なのかなといった印象を受けます。

この難しいテーマではあると思いますが、

育実から常識がないのかと責められた時の

高橋さんの表情が素晴らしかったです。

動きをすべて止めたような固まった表情。

この表情の演技で一発で言わんとしてることがわかりました。

一輝の周りには鮫島教授や一輝のおじいさん相河義高(田中泯)

など一輝を理解する優しいひとたちもいます。

一方で学生新庄龍太郎(西畑大吾)育実など一輝の世界がわからない人たちが

一輝の言動でどう変わっていくのか。これからも注目したいドラマです。

『僕らは奇跡でできている』1話 Twitterから感想を紹介

 

『僕らは奇跡でできている』2話展開予想

『僕らは奇跡でできている』2話あらすじ

大学で動物行動学を教える相河一輝(高橋一生)は、ある日、通っている歯科クリニックで“キッキッキッ”と音が出る古い水道の蛇口を発見。その音が鳥の鳴き声に似ていたことから、授業でフィールドワークに出かけることを思いつく。しかし大半の学生は、学外に出るフィールドワークを面倒に思うばかりで、ワクワクしているのは一輝ただ一人——。

一方、育実(榮倉奈々)は一輝に言われた「先生はウサギっぽい」「ウサギはカメを見下すために走る」という言葉が忘れられず、落ち着かない時間を過ごしていた。

ある日、歯科クリニックで出会った宮本虹一(川口和空)と公園で再会した一輝は、生き物に深い興味を示す虹一に、自分が人知れず山で調べている“ある謎”を打ち明ける。
虹一もまた、一輝に親しみを感じるが、虹一の母・涼子(松本若菜)だけは、息子に近づく怪しい男を警戒していた。

迎えたフィールドワーク当日、山に到着した一行は、音を出して鳥を呼び寄せる“バードコール”を手に鳥との会話を試みるが、なかなかうまくいかない。
そんな中、青山琴音(矢作穂香)は、まるで子供のような無邪気さでフィールドワークを楽しむ一輝に胸の高鳴りを覚えて……?

一方、育実は、ケンカした恋人の鳥飼(和田琢磨)と仲直りしようと、自宅で手料理をふるまうことに。しかし、相手を気遣ってついた小さなウソが、かえって雅也を傷つけてしまい、距離を置かれてしまう。

イライラが募る育実は、ある晩、ストレス解消のためにひとりで焼き肉を食べに行く。ヤケ食いとばかりに次々注文していると、そこへ一輝が現れて……!?

学生たちとフィールドワークに出る一輝、そして再び育実と出会う

第2話では一輝が学生たちとフィールドワークに出かけるようですね。

教室にいるだけでは絶対にわからない、自然に触れることで学生たちの心にも動きが出るのでしょうか。

また一輝の言動に振り回されぱなしの育実も再び一輝と出会うようですね。

なんだか波乱の予感がしますが、今後の一輝育実の関係性も気になります!

 

まとめ

  • 生き物大好きな一輝の世界観が変わっている。
  • エリートの育実が一輝の考えに触れてハッとさせられる。
  • 常識にとらわれない新しい見方を考えさせてくれるドラマ。
  • 一輝がこれからどんなことを教えてくれるのか、一輝との出会いによって、育実や学生たちがどう変わっていくのかも注目です。

 

高橋一生さんのゆるっとした演技力でゆるっと、ほっこりと見ることができ、

そして時々考えさせられるドラマでした。

一輝にうさぎとかめの問いを出した子どもがテストで悪い点をとってきて、

母親に見せたいものがあったのに

「そんなことよりこんな点数とってどうするの!!」

と叱られるシーンは胸に来るものがありました。

常識ってなんなのだろう。

かめはどうしてうさぎが倒れてるかもしれないのに、声を掛けなかったのか。

この問題は見た後も心に残り、私や、子どもとも話し合ったりしました。

それくらい、心にとまるドラマでした。

一輝の言動にこれからも注目したいです。

ちなみにカメはもともと海の生き物だから競争なんてしなくていい

なんて大人は答えてました。

皆さんはどう思いましたか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください