過ちスクランブル5話ネタバレ感想!見逃し配信や無料視聴方法も

前回

祥子に呼ばれて信介と理沙は相沢家にやってきました。

そこで繰り広げられたのは修羅場でした。

まずは、理沙が祥子にイライラしたのが爆発し、疑っていた不倫のことを聞き出します。

しかし、信介と祥子はただの家庭教師と教え子の関係でした。

一方、祥子の反撃が始まります。

理沙と洋次郎が不倫していたのを信介の前で公表します。

それに耐えられなくなった理沙は逃げ出し、信介から「僕の前に現れないで」と言われ泣きながら地面に倒れ込みます。

修羅場が終わり、今後の展開はどうなるのか。

はたして、信介と理沙は幸せになれるのだろうか。

『過ちスクランブル』見逃し配信の無料視聴方法

『過ちスクランブル』は放送後1週間の間、FODプレミアムにて無料視聴することができます。

  • あのシーンをもう一度見たい!
  • 見逃したから無料で見たいな・・・

という方も安心して視聴できるので、気になる方はFODプレミアムを確認してみてください。

ただし、こちらの動画は無料であるがゆえに広告が出てきて結構見づらいこともあります。

それが気になる!という方は、広告表示なしで視聴する方法もあるのでご安心下さい。

「1話から全話」「広告なし」で無料視聴する方法

FODプレミアムの会員になると、『過ちスクランブル』はもちろん、他の最新ドラマや名作ドラマも無料で見放題になります!

具体的な方法については下にご紹介しておりますので、ご興味あればご覧ください。

過ちスクランブル 無料動画1話~最終回の視聴方法!FODなら先行配信も

『過ちスクランブル』前回までの見どころ

リビングで明かされる全ての事実

信介理沙祥子に呼ばれ家にやってきました。

そこには洋次郎もいて、4人での食事が始まります。

洋次郎は未だに理沙のことが忘れられなく、祥子に隠れて理沙に迫ります。

祥子は理沙に対してきつい言い方をしたり、信介との親密さをアピールしたりして理沙をイラつかせます。

イライラがおさえられなくなった理沙は祥子に「不倫しているんじゃねー」と声を荒げました。

そこから全てが明らかになります。

祥子と信介は高校時代の家庭教師と教え子の関係で、いつも会っていたのは昔話に花を咲かせていただけです。

全ては理沙の勘違いでした。しかし、それに気づくのが遅かったです。

ここから祥子の復讐劇として知らなくていいことが明かされます。

祥子は理沙と洋次郎が不倫したことに気づき、それを信介の前で公表します。

空気に耐えられなくなった洋次郎が自白をし、空気は一変します。

その後、理沙はそこから逃げ出し信介も追いかけて「もう僕の前に現れないで」と言い理沙のもとから去っていきました。

理沙は泣きながら地面に倒れこみました。

『過ちスクランブル』5話ネタバレ紹介

その後の信介と理沙

祥子はあの一件が落ち着いてから、信介に会いに行きました。

信介:「その節は申し訳ございませんでした。」

祥子:「離婚の話も出た。でも、私は許した。」

「一生一緒にいれる相手見つけるのってけっこう大変なのよ」

信介:「それはよかった。」

そして、祥子は理沙にも電話をして呼び出しました。

祥子:「君島さん、あなたあたしのこときらいでしょ」

理沙:「ええええ」

祥子:「嫌いでしょって聞いてるの」

理沙:「好きではないです」

祥子:「知ってるわよそんなの、だからあんなことしたんだものね。あたしもあなたが嫌い。だから全部バラしてやった。倍にして返してやったの」

「あんたも私のこと嫌いなら倍で返してよ」

「わたし、あんたが信介と結ばれたら死ぬほど悔しいけどな」

と言って理沙に信介のもとへおしゃれして化粧して行くようにアドバイスをしました。

理沙の伝える思い

理沙は祥子に言われて、信介に会いに行きました。

そして、信介の前で一つだけ言いたいことがあると言いました。

しかし、信介はまだ怒っていました。

理沙:「信介はさ、始めて会ったとき、全てのお客様をインテリアで幸せにしたいって言ったよね。けど祥子さんから逃げた。

わたしを独り立ちさせたいとか言ってさ本当はとっさに祥子さんから逃げただけでしょ。だから私を担当にした。そんなのひどいよ、ひどすぎるよ」

信介:「ごめん」

理沙:「今までありがとうございました。じゃあ帰ります。」

と言って去ろうとしたとき信介が壊してしまったライトが倒れてきました。

そのライトを見て、理沙は素材やライトの色やサイズなどを全て言います。

理沙;「1年でこれくらいは覚えた。いつも失敗ばかりでごめんね。私も信介みたいにインテリアで人を幸せにしたかったな。」

信介:「理沙、これ発注しといて。」

と言い、理沙が信介の会社に戻ってきました。

信介の寝顔を見て理沙は幸せそうでした。

それからは、いつもように一緒に仕事をこなしています。

その後の二人

信介:「この家で一緒に暮らさない。いろいろあったけどそれでもまた一緒に仕事をしているうちに俺やっぱり理沙とこの先も・・・」

理沙:「待って、いいから待って。私全部To Do消化してちゃんと幸せになるの」

「私、毎日毎日信介と一緒にいて、信介がいないときも仕事のこと考えてたらいつのまにか信介がでてきて、信介どう思うかな私のデザイン気に入ってくれるかな。出会ってから毎日そう。

私は信介のことが好きです。出会ってからずっと好きだし、これからもずっと信介のことが好き。」

と言い思いをすべて伝え終わり、抱き合う二人でした。

そして、二人は結婚をしました。

結婚披露宴でもまた、理沙の妄想が始まり信介に怒り披露宴から逃げ出しました。

それを追いかける信介は「どうせ、勘違いだろ」と言います。

理沙:「勘違い?でもそれがあたしなの。」

と言い、これからも信介は理沙の妄想に付き合わされそうです。

『過ちスクランブル』5話 感想紹介

平和に終わる物語

あの騒動が落ち着いて、祥子は二人のことが心配で見に行きました。

そうすると、お互いに活気がなくこのままではふたりともだめになりそうな空気でした。

それを察知したのか、祥子は二人にかけがえのないアドバイスをしました。

信介には「一生一緒にいられる人を見つけるのはけっこう大変なのよ」

こちらのセリフでは一度そういう風に思った人がいるなら次出会えるのはそう簡単ではないんだからちゃんと話し合って向き合いなさいという意味がこもっていると思います。

理沙には「あんたも私のことが嫌いなら倍で返してよ」

こちらのセリフでは私が悔しがるのは信介と理沙が結びつくことなんだからはやくその行動起こしなさいよという意味がこもっていると思います。

なんだろうか、二人の関係を壊したのも祥子なのですがくっつけたのも祥子だったのこの物語は勘違いがなければ生まれなかった話です。

そう思うと、勘違いだけでここまで話が膨らむのはとても面白いなと感じました。

想いを伝える大切さを学ばせていただきました。

『過ちスクランブル』5話 Twitterから感想を紹介

更新予定

まとめ

  • 祥子が信介と理沙のもとへ行き、二人に対して助言をして二人を元気づけます。
  • 信介と理沙はもう一度会い、お互いが思っていたことを伝え合います。
  • 最後は平和に終わりましたが、理沙の妄想癖に信介は今後も苦労すると思います。

最後はほっこり幸せな感じで終わりましたが、3話、4話はなかなかの修羅場でありドロドロでした。

想いを伝えないとここまで勘違いが先行して人は不倫までしてしまうのかというところに驚かされました。

思っていることは思っているうちに伝えるのではなく。伝えたいと思えば伝える必要があるとこのドラマを通して学びました。

このドラマは過ちスクランブルというタイトルです。

スクランブルには侵攻していた敵機などを迎え撃つための緊急発進の意味と交差点があります。

どちらでつけたからわかりませんが個人的にどちらの意味も捉えていると思います。

前者の緊急発進は理沙が祥子に迎え撃ったり、祥子もそれに負けじと復讐をしていく姿が当てはまります。

交差点は交差点は4つの道から成り立つのがベターで、今回のドラマの登場人物は理沙、信介、祥子、洋次郎という4人なので当てはまります。

このようにタイトルだけでどのような物語になるのかを考えるのも楽しいかもわかりません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください